婦人

抗うつ剤を打てば安心|心が穏やかになる薬

薬を利用して症状を治す

錠剤

薬によって起こる副作用

うつ病の主な治療法は薬物療法ですが、この場合に使われる抗うつ剤には様々なものがあるため、信頼できる医師のところで自分の症状に合ったものを処方してもらうことが大切です。抗うつ剤として古くから使われているのが「三環系抗うつ薬」で、これは効果が出やすいので、重症のうつ病や現在の主流になっている薬が効かない場合によく使用されます。また、この種の抗うつ薬には一般的な内服薬だけでなく、点滴が可能なものもあるので、胃腸の調子が悪かったり、点滴の方が抵抗がなかったりする場合には使用されることがあります。この他の抗うつ剤としては「四環系抗うつ薬」が挙げられますが、この薬の場合も他の薬を飲んで効果がないときに処方されることが多いといえます。ただ、三環系でも四環系でも高い効果は期待できますが、これらを飲んだ場合には尿が出ない排尿障害や口が渇きやすいというような副作用が出やすいので注意が必要です。上記のことから、三環系と四環系は古くからあるだけなく、現在でも使用する価値があると考えられます。しかし、最近の主流になっているのはSSRIです。この薬の場合、効果が出るのが速い上に副作用が出る可能性が高くないので病院を受診した場合、まず最初に処方されることが多いはずです。また、SSRIはうつ病以外の、対人恐怖症やパニック障害などの心の病にも効果があるとして処方されるものなので、その点でも服用する人が多いといえます。さらに新しい薬としては、SSRIに意欲がアップする働きが加わったSNRIという薬もあり、この2つは効果が大きく副作用が出にくいという共通点を持っています。ただ、そうはいってもこれらの薬の中には下痢が生じたり、心臓に良くない影響を及ぼしたりすることもあるため、これらを飲む場合も注意が必要です。そのため、病院で治療を受ける場合には、自分の体の健康状態を知らせる他、今までに薬剤を使用して副作用が出たことがある場合はその点についてもしっかりと伝えることが大切です。抗うつ剤では一般的に2〜3週間程度で効果が出る可能性が高いのですが、そうなる前に不安感や不眠が治らない場合はこれらに適した別の薬を飲むことになる可能性もあります。さらに抗うつ剤を飲む場合に気をつけた方が良いことは、急に薬を減らしたり飲むのを止めたりすると離脱症候群という症状が出やすいということです。この中にはめまい、嘔吐、不安感など様々なものがある上に、薬を飲むのを急に止めた場合は再発の可能性が高くなるので、自分で勝手に止めないようにすることが必要です。一般的にはこのような場合は、効果が出てから8カ月〜1年位は飲み続けることになるようなので、主治医のアドバイスをよく聞くようにしてそれに従った方が良いでしょう。また、抗うつ剤はセロトニンを増やす働きを持っていますが、これが急激に増えた場合はセロトニン症候群という副作用が出やすくなります。この症状としては落ち着かなくなったり、頻脈が生じたり高血圧になるなど、いろいろなものがありますが、重症になることもあるので十分に注意することが大切です。以上のように抗うつ剤には様々な種類があり、その効果にも期待することができますが、その一方で副作用が出る可能性もあるので、その点も考慮することをお勧めします。