婦人

抗うつ剤を打てば安心|心が穏やかになる薬

薬の特徴を知る

ハート

気分が落ち込む、やる気が出ないということは誰にもあるものですが、こうした気持ちもしばらくすると自然に回復することが多いものです。そして、気分の落ち込みや抑うつ感、やる気が出ないなどの不調がかなり長く続いている場合は治療が必要となる場合もあります。精神科や心療内科などの医療機関で治療を受けることができますので、不調が長く続いている人は一度診察を受けてみることがおすすめです。診察を受けてみて、治療が必要と判断された場合は治療を開始し、改善を目指していくこととなりますが、治療では薬が利用されることが一般的です。うつ症状を改善するためには、抗うつ剤が処方されることが多くなっています。抗うつ剤にも色々な種類があり、それぞれの症状に合わせて最適なものが選ばれることとなります。薬にも多くの種類がありますが、特に古くから使われている薬に三環系抗うつ剤があげられます。この薬は抑うつに対する強力な効果がありますが、そのかわり副作用も強く出る傾向にあり、現在では他の薬の効きめが良くない場合や難治例に処方されています。そして、より安全性の高い薬が望まれるようになり、その後に登場したのが四環系抗うつ剤です。この薬は副作用もより弱くなっており、即効性にも優れています。この薬は眠気を誘うことが多く、不眠を伴ううつ病の治療に使われています。このほかではSSRIと呼ばれる薬も治療によく利用されています。SSRIは選択的セロトニン再取り込み阻害薬のことで、セロトニンに選択的に作用し、他の部分には作用しないので副作用もより抑えられています。効果と副作用のバランスにも優れており、一番最初に処方されることも多くなっています。うつ病の改善に役立つことはもちろん、強迫性障害やパニック障害、摂食障害などの治療にも使われている薬です。さらにSNRIと呼ばれるセロトニン・ノアルアドレナリン再取り込み阻害薬は効果も高く、副作用も少ない使いやすい薬となっています。うつ病になると意欲の低下が見られることが多いですが、この薬は意欲向上に役立つことが特徴的です。セロトニンを増やすことはもちろん、ノルアドレナリンを増やす作用もあり痛みを抑える効果もありますので、神経痛などの痛みを改善するためにも処方されています。そしてNaSSAと呼ばれる薬もあり、こちらは再取り込みを阻害するのではなく、ノルアドレナリンやセロトニンの分泌を増やすことでうつの症状を改善する薬です。抗うつ効果も高く、眠りを深くするという特徴を持っています。副作用としては眠気、体重の増加が起きやすい傾向にあります。抗うつ剤は基本的に単独で処方されていることが多いですが、効果が出るにはしばらく時間も必要ですので、不安感が強いときや不眠の悩みを持っているときは睡眠薬や抗不安薬も処方されることがあります。抗うつ剤は即効性があるというわけではなく、時間をかけてジワジワと効いてくる薬ですので、効き目がないからとすぐにやめてしまったり、多くの量を飲んだりすることは避け、医師の指導のもと正しく服用を続けていきましょう。抗うつ剤は飲み始めに体調の変化が出てくることもありますが、変わった症状が出た場合は早めに医師に相談しましょう。薬には体質に合うもの、合わないものもありますので、合わないと感じた場合も早めに相談することがおすすめです。