服用する前に知っておきたい抗うつ剤の特徴

抗うつ剤を打てば安心|心が穏やかになる薬

ハート

薬の特徴を知る

気分の落ち込みは誰にもあるものですが、長期に不調が続いている場合は治療が必要となる場合もありますので、早めに診察を受けることがおすすめです。治療は抗うつ剤の処方が行われることが多く、それぞれの症状に合わせて最適なものが選ばれます。

錠剤

薬を利用して症状を治す

抗うつ剤には様々な種類があり、古くから使われていて効果が出やすいものや最近の薬物療法の主流になっていて副作用の少ないものなどがあります。ただ、どの場合でもいきなり止めたときに辛い症状が出たり、うつが再発したりしやすくなるので注意が必要です。

女性

脳内を安定させる

抗うつ剤は、うつ病など精神的な病気の時に処方される脳内の信号のバランスを戻すお薬です。処方するのは医師ですが、それを最終的に服用するのは患者自身です。そのため、薬に対しての正しい知識を持っておくことは、早期改善にとても重要です。

服用は単剤が原則

服用

薬の量も調整が必要

抗うつ剤というのは、精神科に通っている患者に処方される薬の1つです。うつ病患者や精神が不安定な患者を治療するために用いられています。しかしながら、この抗うつ剤に関してまだまだ知られていないことや、誤解されていることも多くあります。抗うつ剤を服用する上で知っておいたほうがいいことがいくつか挙げられます。まず1つは、抗うつ剤の服用の原則は単剤だということです。単剤で始めて、効果がなかなか得られないと感じたら徐々に数を増やしていきます。数を増やして効果を十分に実感できたら、その服用量を治療用量にします。その後は、その量を守って服用していくのが最も効果的です。ちなみに、急に増薬すると副作用と賦活症候群の2つをもたらす可能性があります。抗うつ剤を過剰に服用していると副作用が生じることがあります。たとえば、便秘、しびれ、ふるえなどが典型的な症状になります。また、賦活症候群という現象もあります。これは急に気持ちが高揚したり、イライラするようになったり、不安定になる現象のことです。これらの症状はいずれも急に服用する錠剤の数を増やすことで生じる傾向が強いのです。くれぐれも急増することはやめましょう。さらに、安易に抗うつ剤を最初から多く飲んでいると体が慣れてしまって、ひどい場合には薬漬けになってしまいます。このような点があることを忘れてはいけません。しかしながら、日本は海外と比較すると薬の量を多く出すケースが多いです。もちろん、近年は精神に影響を与える薬に関しては、多剤処方をした場合は診療報酬が減点されるなどの対策も行われるようになっています。しかし、多剤処方はまだまだ広く行われているのが現状です。医師ときちんと相談して、服用量をどうするかを決めましょう。 もう1つは、薬の量を少しずつ増やしていって、治療用量を決めた後は少しずつ減らしていく努力をすることです。うつ症状をはやく改善したいと思うあまり増薬をしてしまう傾向がありますが、症状が少しずつ改善されていったと感じたら、少しずつ錠剤の数を減らしていきましょう。ただし、減薬するときにも注意点があります。それは離脱症状です。これは普段摂取している薬の量が急に減少すること起こる現象で、手のしびれや耳鳴り、発汗や不安などの症状が出てきます。自分で勝手に判断して服用を急にやめたり、著しく錠剤を少なくしたりしたときなどに生じることが多いので、きちんと医師と相談してどれくらい減らすかを決めましょう。3つ目は効果を実感するには最低でも1ヶ月程度は続けることです。抗うつ剤は即効性の高い薬ではなく、徐々に効果を発揮する薬です。そのため、服用を始めてから1ヶ月程度は様子を見る必要があります。それで効果がないと思ったら数を少しずつ増やしていきます。そして、また1ヶ月効果を見ます。これの繰り返しをすることで最適な服用量を決めるわけです。本来なら効果がある薬を数日間だけ試して実感できないからといって、途中でやめてしまうのはとてももったいないことです。継続性をもって抗うつ剤と向き合っていきましょう。4つ目はある程度改善しても服用し続けることです。うつ病は再発性が高い病気なので、改善状態になってもすぐにやめるのではなく、医師と相談しながらやめる時期を決めることです。もし再発を繰り返すようなことが起これば、抗うつ剤が効きにくくなるからです。